敷金ゼロ物件て大丈夫?賃貸住宅の敷金とは

敷金とは担保金のこと!

賃貸住宅を探している時、最近では敷金がゼロ円という物件も少なくなくなってきています。ところでこの敷金というのはそもそもどういう性質のものなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。敷金というのは、賃貸住宅に入居するときにあらかじめ徴収されるお金のことであり、たとえば家賃の支払いが滞ってしまった場合などに、この敷金からお金が引かれるということになります。つまり敷金というのは、こうしてもしもの時のために備えるという担保金の性質を持つものなのです。

敷金ゼロ円の物件って?

ネットや雑誌などで住宅情報を検索してみればわかりますが、敷金や礼金がゼロ円という物件がかなり多くなっています。こうした物件は敷金がかからないということで、初期費用を安く抑えることができるという利点があり、賃貸住宅を借りる側としては、こうした敷金ゼロ物件が増えることは一見悪くないことのようにも思われるかもしれませんが、しかし担保金の性質を持つ敷金がゼロであるということは必ずしも良い面ばかりではないということに気を付けておかなければなりません。家賃滞納などがあった場合に対処しがたいという面もあるからです。

初期費用を抑えたいなら敷金ゼロもアリ

賃貸住宅を借りる際にいちばんのネックになるのは、やはりもろもろの費用なのではないでしょうか。敷金や礼金、仲介手数料や鍵交換代、はたまた家財道具を揃えるための費用や引っ越し代金など、こうしたいわゆる初期費用を総額すると、高ければ50万円や60万円くらいになってしまうこともあります。初期費用を抑えることは、部屋探しで最も重視されるべきポイントかもしれません。そういう意味では、敷金がゼロ円の物件は借手にとってはとてもありがたい物件であると言えるでしょう。

江別市の賃貸はたくさんの物件が見受けられますから、交通アクセスや間取り、家賃など、こだわりの条件から重点的に探す方法がおすすめです。