賃貸物件を借りる時に知っておきたい不動産用語

賃貸物件の管理会社とは?

アパートやマンションといった賃貸物件を探す時は不動産情報サイトを利用する方が多いでしょう。物件情報には管理会社という文字がありますが、会社の名称が入っている場合は専門の会社が物件を管理していることが分かります。管理会社ではなく大家さんが直接管理している賃貸物件もあります。賃貸物件に住んでいると様々なトラブルが起こる場合もあります。隣や上階の入居者による騒音で困った時は管理している会社や大家さんに連絡して対処してもらいましょう。

アパートとマンションの違いとは?

賃貸物件というとアパートとマンションがありますね。どちらも共同住宅には違いありませんが、何となく大きな建物がマンションだという漠然としたイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし、実際には違いがあるので賃貸物件をお探しの方は違いを確認しておくと便利です。大きな違いは建物の構造にあります。アパートの方は木造や軽量鉄骨造となり、マンションの場合は鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造で頑丈な造りになっています。

ウィークリーやマンスリー賃貸とはどんな物件?

一般的な賃貸物件は初めに二年間程度の賃貸借契約を結び、契約期間満了とともに更新できるという物件になります。その点ウィークリー賃貸やマンスリー賃貸の場合は、短い期間だけ住みたい方に適しています。初めから短期間だけ住むのであれば、賃貸借契約を結ぶと費用面でデメリットを感じることになるでしょう。出張等で数週間程度滞在するなら、家具も家電も揃っているウィークリーの方が得になります。ホテルに宿泊する感覚で利用でき、ホテルよりも節約できるというメリットがあります。

帯広の賃貸という方法を、考えたことはありますか。背広は、しっかりしたものを買うと値段が高くなり、一式そろえるのは大変です。