借りている賃貸住宅から引越しすることが決まったら

期日までに退去の連絡をしよう

借りているアパートやマンションから新しい住まいに引越しすることになったら、退去の連絡をしなければなりませんね。連絡先は賃貸住宅を管理している所ですが、一般的には不動産管理会社か大家さんのどちらかになります。入居する時に契約書を受け取っているので、退去の予告に関する項目を今一度確認しましょう。通常は退去の一ヶ月前までに連絡することになっていますが、物件によってはもっと早く連絡しなければならない場合もあるので気を付けましょう。

必要な手続きを進めよう

借りている賃貸住宅で使っていた電気、水道、ガスを止めるための手続きが必要になります。それぞれの営業所に連絡して引越しすることを伝え、検針する日を設定します。一般的には引越し当日を希望する方が多く、引越し作業の合間に立ち会いで検針や集金を行うことになります。引越し当日でなくても賃貸住宅を明け渡す日までなら問題はありません。水道料金を家賃と一緒に払っていた場合は、敷金精算の時に支払うケースが多いでしょう。

今より良い賃貸住宅を探すなら

現在お住まいの賃貸住宅に不満があって引越しを希望する方は、次に住む賃貸住宅は慎重に選ばなければなりませんね。自分が住んでいる賃貸住宅の別の入居者によるトラブルが原因であれば、二度と同じトラブルに遭うことは避けたいでしょう。例えば隣室や上階からの騒音が原因で引越ししたい時は、最上階の角部屋にある部屋を選ぶと安心です。最上階なら上階に部屋がありませんし、角部屋は隣室が片方だけになります。隣の部屋にはどのような人が住んでいるか不動産に聞けば教えてくれるはずです。

札幌の賃貸というと家賃が高いイメージがあるかもしれませんが、現在は家賃が1万円代の激安物件も増えているので、札幌に住みたい方は今がチャンスです。