交通?家賃?どちらで選ぶ?賃貸物件に求める条件

より多くの選択肢から選べる様になった賃貸物件

初めての一人暮らし、あるいは単身赴任等、新しい土地で新たな生活に入る上での大きな課題として、真っ先に解決しなければならない問題はやはり、自分のライフスタイルや予算に最も適した賃貸物件を選びだす事でしょう。ですが現在では各地の交通利便性も一昔前とは比べ物にならない程向上している上、賃貸物件自体の居住性や周辺環境も改善され、慣れない一人暮らしでも何ら心配が要らない程に便利になっているのです。特に最近ではレンタル家具や家電付きの物件も豊富に存在しており、急ぎのスケジュールでも十分に対応出来る様になっています。

それでもやはり交通利便性は最も大事なポイントに

それでも多くの人は、通う先の会社や学校との距離関係とアクセス時間を最重点に賃貸物件のロケーション選びをする事となるでしょう。いくら周辺の環境や家賃面で有利だとしても、最寄駅まで徒歩で何十分も歩かなくてはならない様なロケーションでは、日々の生活にさえストレスが溜まってしまいます。一般的に最寄駅から遠いロケーション程家賃は下がりますが、その分駅までのアクセスは負担が増える事となります。それゆえ、自分の脚力や最寄駅までのアクセス手段を考慮した上で、許容出来る距離及び家賃の物件で妥協する姿勢が大事になります。

一概に不便とも言えない駅から遠い物件とは

ですが必ずしも、最寄駅から遠いゆえそこまでのアクセスに不便とも言い切れない事は確かです。特に最近発展したニュータウン内の物件はそうなのですが、広大な住宅街でも周辺の路線バス網がしっかりしている物件というのは、それさえ利用すれば案外快適に通勤・通学がこなせるものなのです。これなら比較的家賃が低い条件からも最適な物件を見つけ出せるチャンスはかなり高まると言えるでしょう。またこうした条件の場合、得てして駅からある程度離れた方が、日照や通風を始めとした周辺環境が劇的に良化するケースも多く、見逃せないものです。目標のロケーションを定めたら、最寄駅のある程度郊外まで視野を広げ、路線バス網のチェックを行う事は大事ですし、もちろんバイクや自転車を所有しているなら積極的にこれら郊外エリアの物件を探してみるのも良いでしょう。

青山の賃貸では、都会ならではの優れた環境を感じながら快適に暮らすことができる魅力的な物件が充実しています。