つくりこみすぎないのがポイント!ローコストな新築一戸建て

プランニングのポイント

一戸建てのプランをたてるとなると、家族の中からもいろいろな要望が出てきて、当初の予算をオーバーしないか心配になることでしょう。つくりこみすぎずに満足いく家を手に入れるようにするにがポイントになります。実際に出来上がった後に、ケチらなければよかった、あるいはもう少しお金をかければよかったとういうところが出てくる人がほとんどですので、バランスよく要望を照らし合わせながら新築のプランニングしていきましょう。

見切り材を省いてコストダウン

戸建てのデザインの面では曲線を取り入れることでやわらかさが加わりますが、残念ながらコストダウンにはつながりません。建築業界ではRは3倍と言われるように屋根や壁、造作に必要以上に曲線を入れると平面よりも3倍の費用がかかるので気を付けましょう。しかし、見切り材を省いてつくるという工夫を凝らせば、そのコストの半分で仕上げることも可能です。必要に応じて部分的に曲線を取り入れてみるなどして予算オーバーしない程度に検討してみましょう。

コストをおさえた多目的な和室をもうける

また、新築の際には和のテイストを取り入れたいという人も多いですよね。柱や天井版、鴨居などで構成される本格的な和室は造作材に白木を使うことが多く材料費は洋室の仕上げ材に比べて最低でも3倍アップとなることを覚えておきましょう。しかし、客間や昼寝用など多目的に使える和室はやはり便利です。床の間などのつくり込みをやめて、壁や天井はシンプルな洋室仕上げにし、障子のかわりに和紙ブラインドを使ったり、置き畳で和の雰囲気を演出すればローコストも可能でしょう。

草加市で新築一戸建てが人気の傾向にあります。草加市では安い価格で新築一戸建てを購入する事が出来ます。