やって良かった!トイレのマンションリフォーム事例

節水型トイレで省エネ生活!

毎日お世話になるトイレですが、使用する水の量は生活排水の中でも約四分の一を占め、比較的多い部類なんです。最近は節水型トイレが開発されており、一回当たりの洗浄水の量は4リットルを切るくらいまで進化しています。これは40年前から比べると五分の一ほどに節水が出来るようになったことになりますので、年間の水道料金が1万円以上安くなるというケースも。また、節水型トイレを新たに導入すると住宅エコポイント制度が適用されるため、実質的に導入費用もお得になりますよ。

暖房便座の効率もアップ!

ひと昔前の暖房便座は使ってない時でも温めていたため、冬場の電気代が嵩む要因になっていました。最新のトイレは格段に性能がアップし、人工知能やタイマー機能が充実しているので、暖房便座が機能する時間を制御してくれるという優れものです。トイレを使う時間は一日の中でも50分くらいと言われており、家族が一番トイレを使う時間帯を記憶する機能が備わっているなんて驚きですよね。これで年間の電気代も節約でき、家計にも優しいため主婦にとっては大助かりでしょう。

内装にこだわり、本棚設置などで落ち着きを。

トイレという空間は独特の雰囲気があり、ついつい落ち着いて長居してしまう人もいるようです。そんなトイレ空間にこだわりたい方は、落ち着いた雰囲気の内装に仕上げることで、リラックスできるトイレを実現してみてはどうでしょうか。また、リフォーム事例では本棚を設置して読書が出来るようにしたケースもあり、意外にも好評のようです。用を足すという目的以外に新たな価値観を与えるトイレリフォームにはまだまだ色んな魅力が詰まっているようです。

築年数が古いマンションの場合、内装や設備が劣化して見栄えや使い勝手が悪くなってきますが、マンションリフォームを行うことで内装を綺麗にしたり新しい設備への交換を行うことができるので、快適性を向上させることができます。その際、対応や施工能力に優れた業者を選ぶことで、様々なこだわりを伝えることができ、納得のいく仕上がりを期待することもできます。